読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

アフィリエイト広告の効果的な貼り方まとめ!せっかくなら訪問者にクリックしてもらえるアフィリエイトリンクの掲載方法を目指そう。

アフィリエイト ブログ まとめ

http://www.flickr.com/photos/36766427@N05/5339539236

photo by philhearing

私がブログにアフィリエイト広告を掲載しはじめて1年が経過…。今回はその還元とばかりに、このあたりで効果的なアフィリエイトリンクの掲載方法をまとめてみたいと思います。

アフィリエイトって儲からないと思っている方や、アフィリエイト収入がなかなかあがらないというブロガーのみなさんは是非、じっくりと読んでみてくださいね。

効果的なアフィリエイトリンクの貼り方:

1.記事中にバナーは基本、使わない

まず、アフィリエイト広告を貼りはじめたばかりの方が、ついやってしまうのがバナー広告を記事中に貼ることです。参考までにいうとこんな感じです。

まぁね、効果がないこともないとは思うんですが、これがダメなところとしては、

  • 広告だということがわかりやすすぎる
  • 広告色が強いというだけで、読むのをやめてしまう人がいる
  • 動くバナーが邪魔
  • ネットに不慣れな方だと、クリックできることがわからない

といったものがあります。

特に一番最初の『広告だということがわかりやすすぎる』と、正直、誰もクリックなんてしないんですよね。コンテンツ部分の下やサイドメニューにバナーがあるのと、文章の途中にいきなりバナーが登場するのとではまたワケが違います。

加えて、バナーがどかん!と表示されていると、そこで『あ、これは広告主体の記事だな』と思って読むのをやめ、ページから離れていってしまう方なんてのも…。

このようになんとなく、目立つバナーを設置したほうがクリックされやすいと思うかもしれませんが、実際には目立ちすぎるバナーはデメリットでしかありません(文中の話ですよ)。余程、必要に感じる場合以外は使わないようにしてください。

2.バナー広告を使う場合には、下にテキストも添えて

1番目でも少し触れた内容ですが、バナー広告をサイトの中に掲載する場合には必ず、バナーの上でも下でも構いません、テキストリンクも付けておくようにしてください。そうしないとインターネットに不慣れな方だと、クリックできるということがわからないためです。 

つまり、下記の参考例のように、バナーの下にテキストを入れておくほうがクリック率があがるのです。これなら仮にバナー部分がクリックできることを知らない方でも、下線がついたテキストをクリックすることが出来ます。


自宅で手軽に収入を!ValueCommerce

 『たったそれだけ?』と思うかもしれませんが、この一手間がとんでもなくアフィリエイトにおいては重要。バナーだけの掲載だとなかなかクリックは伸びません。

下線を使った装飾はやめる:

ウェブデザインに不慣れな方に多いのですが、リンクテキスト以外に下線を使った装飾を使ってしまう方がいます。このコラム部分の見出し部分のような感じですね。

これだと、どこがリンクでどこがリンクでないのか…というのが閲覧者には判別がつきにくくなるので、結果としてアフィリエイトリンクを含めた広告クリック数が落ち込む要因にもなります。閲覧者にとって見やすいデザインを作ることが、結果的に広告収入を増やすことにもなりますよ。

3.広告色のないテキストを書く

次に、アフィリエイト広告を踏んでもらいたいばかりに、広告色たっぷりのリンクを設置してしまう方がいます。A8.ネットの例で比較してみましょう。

うん、広告ですよね、これ…というのがすごくわかりやすい。もちろんテキストの内容次第でクリック数を増やすことも出来るとは思うんですが、あまりやりすぎるとクリック率はむしろ落ちてしまうことでしょう。誰しも、広告だとわかっているものは踏みたくはないのです。

そうではなく、下記のテキストのように、シンプルなリンクを置いておくほうが私はクリック率が高いと思っています。理由はここまで説明しているように、広告色を少なくする効果があるためです。

特にスマートフォンから閲覧されている方からすると、気軽にクリックして貰える空気感が出たと思います。まぁインターネットに詳しい方だと、○○+公式サイト といった文字はアフィリエイトリンクだ!なんて警戒する方もいるので、公式サイトという文字をとって『A8.net』だけのリンクにしまっても構いません。

4.文中にあるアフィリエイトリンクはどうせ踏まれない

4つ目は文中にあるアフィリエイトリンクはどうせ踏まれないのだから、設置しないほうが無難…という話です。例をあげるとこんな感じ。

(ここから)

『私は最近、イークリックというASPを利用しはじめたのですが、このASPにはまた面白い商材がたくさんあるので、広告の幅が広がりました。他にもアフィリエイトBでは、広告単価の高い広告があるので報酬アップには持ってこいですよ。

(ここまで)

なんとなく少しはクリックされるだろう…という感はありますが、こうやって文中にアフィリエイトリンクを埋め込むくらいなら、文章の下に独立させてリンクを貼っておいたほうが数倍、効果は高いです。

アフィリエイトリンクが多いのは問題:

また、アフィリエイト掲載初心者の方だと、『アフィリエイトリンクの掲載数が多ければ多いほど、クリックも増えるし収入も増える』と思ってしがいがち…。

しかし、下記記事でも説明した通り、現状だと過剰なまでにアフィリエイト広告を貼りすぎている記事は検索エンジンから嫌われてしまうことになるので、無駄にリンクを散りばめることだけは避けたほうが無難です(この記事もアフィリエイトリンクを多く掲載しているので、個人的にはちょっとドキドキだったりします*1)。

etc.hateblo.jp

5.さりげない装飾も、時にはOK

ここまで広告色が強すぎるリンクはダメだ…と伝えましたが、時にはクリック率を高めるためにアフィリエイトリンクに装飾を施すことも大事だと思います(記事の内容や質による)。

たとえば私がよくやるのはこんな感じですね。リンクの横に赤字でCheck!という文字が入っているのを確認できるかと思います。

もちろん効果としては赤文字を置いておくことで、ここにリンクがあるんだよ…ということを閲覧者に伝える効果、注目させる効果を狙っています。まぁITリテラシーが高い方には逆効果になることも多いですが、時と場合によりけり…ですね。

6.クリックは必ず促そう

最後はこれ。アフィリエイトリンクをクリックしてもらえるように、文章の中で促そうということです。 

これ、ちょっと考えてもらえればわかりますが、文章の中でいきなりテキストリンクが出てきたとしてもそれをクリックしてくれる方は稀です。

なぜなら「なぜリンクがあるのか」が読者にはまったくわからないため。文章をきちんと読んでくれている方であればあるほど、華麗にスルーしましたが上記リンクのように、いきなりリンクが出てきたとしても無視してしまうのです。

そうではなくアフィリエイトリンクを掲載するのであれば、文章の中で必ずクリックを促すようにしてください。『興味がある方は是非、下記の公式サイトにて詳細をチェックしてみてくださいね』や『詳しくは公式サイトの情報が参考になるので読んでみてください』といった文字があるだけでも、クリック数には大きな差がありますよ。

アフィリエイトで稼ごう:

http://www.flickr.com/photos/95572727@N00/6756753669

photo by Stuck in Customs

以上、アフィリエイト広告の効果的な貼り方まとめ!せっかくなら訪問者にクリックしてもらえるアフィリエイトリンクの掲載方法を目指そう…という話題でした。

私が現在利用しているアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)について興味がある…という方は、是非、下記の記事もあわせてお読みください。一応これでも広告収入だけで生計を立てている、フリーランスですよ。

参考リンク:

アフィリエイトでもっと稼ぎたい…という方は、下記記事も参考に。アフィリエイトのノウハウが掲載された書籍をしっかり読んでおけば、もっと上手に稼げるようになっていきますよ(私も昔は熟読しました)。

etc.hateblo.jp

*1:この記事はよくても、サイト全体におけるアフィリエイトリンクの掲載数が増えるとサイト評価が落ちかねないためです。とにかく昨今のSEO対策では、アフィリエイトリンクの過剰設置は百害あって一利なしですね(広告色を弱めたほうがクリック率もあがる)。