読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

はてなが自動生成してくれるAmazon商品ページを徹底検証!使い方によってはお小遣いを稼ぐことが出来るのかも?

はてな

はてなブログにAmazonの商品を貼ると、自動的に生成されるAmazon商品記事。

下記のリンクでいうところの、『この商品を含むブログを見る』というリンク先ページのことです(アフィリエイトではないので、とりあえずクリックしてみてください)。

New ニンテンドー3DS ホワイト

New ニンテンドー3DS ホワイト

 

自分用のAmazonリンクが貼られた状態:

この自動的に作られる商品ページをパソコンからみるとこんな感じ。

このページに貼られているリンクは有り難いことに、私のアマゾン・アソシエイトIDが割り振られたリンクになっているので、仮にここから商品が購入された場合には私の収入になります

f:id:cardmics:20141006122303j:plain

別のページに移動しても私の収入:

また、下記赤枠にある関連リンクから別のページに移動してくれた場合でも、自分のアマゾン・アソシエイトIDは紐付いたままになります。

仮に見てくれている方が関連商品を辿って違うページに移動してしまったとしても、私にお小遣いがチャリンとおちる形なのですね。これは嬉しいかも。

f:id:cardmics:20141006122556j:plain

赤枠の中から別のページに移動してしまっても、アソシエイトIDは同じままです。

その仕組はとんでもなくシンプル:

このAmazon商品ページの仕組みはすごくシンプル。URLの最後にアマゾン・アソシエイトのIDが入ってるだけなんです。

例えば私のAmazon商品ページのURLは今、下記の通りですが、この最後の部分を別のIDに変えてあげれば自分専用の商品ページを作ることだって出来ます(例:moneyreportさんに切り替え)。

実際にクリックしてみれば、広告リンクのURLが変更されていることがわかると思います。 こんな感じで簡単に自分専用のAmazon商品ページを作れるのですね。

はてなキーワードへのリンクだと安心?

Amazonのリンクをバシっと設置して、はいクリックしてください…では、なかなか広告リンクを踏んでもらうことは難しい最近ですが、はてなキーワードへのリンクであれば抵抗なくクリックしてくれる方は多いかもしれませんね。

このあたりは様々な使い方ができると思うので、みなさんならではの活用法を考えてみてください。Facebook、ツイッター、mixiなどでの利用は、規約違反にならない程度にどうぞ。

検索にはひっかからない:

http://www.flickr.com/photos/48282847@N00/380324807

photo by yezi9713

ただ残念ながらこの商品ページ、自分のアマゾン・アソシエイトID付きのURLはそうそう検索エンジンにインデックスされないようです。

試しにAmazonへのリンクを昔から貼っている他サイトのURLで検索してみましたが、インデックスはゼロ。『鈴木です』で勝手に検証させてもらいました。

少なくともGoogle側がリンクを辿って、勝手にインデックスしてくれることはなさそうです(つまり検索から勝手に入ってきてくれて、勝手にアフィリエイト収入が得られることはない)。

更に実験として:

更に実験としてこのページをはてなブックマークでブクマしてみました。これなら検索エンジンがたどってきてくれて、インデックスしてくれるかも?という淡い期待からです。興味がある方は是非、ブクマしてみてください)。

はてなブックマークページについては検索エンジンも問題なくインデックスしてくれるはず。仮にこのページが評価されれば、飛び先のAmazon商品記事のページもインデックスしてくれるかもしれません(加えてここからインデックス申請は出しました)。

このあたりについて追記の形で、後日、どうなったかを記述させてもらいますね。

はてな側はこのページでどのくらい稼いでいる?

なぜ、Amazon商品ページ(はてなキーワードのページ)が検索エンジンにインデックスされていないのかといえば、アマゾン・アソシエイトIDが無い状態のページがすでにインデックスされているため*1。最後のID部分を削ったページが下記ものになります。

このページをご覧いただければわかりますが、こちらの商品ページから売上がたった場合には、はてな側の収入になります。そしてこちらは問題なく検索エンジンにインデックスされているので、検索からの流入もかなりあるんじゃないかな?と思いますね(インデックス数は250万程度)。

f:id:cardmics:20141006130356g:plain

まぁ流石、うまいこと稼いでいるなーと思います。加えてこれらの自動生成ページはAmazonの商品を紹介してくれる、はてなダイアリーやはてなブログが書かれた分だけ内容が改編されていくので、検索評価も高いんでしょうね。

以上、はてなが自動生成してくれるAmazon商品ページを徹底検証…という話題でした。

*1:重複ページ扱いなのか、ルートのURLのみしかGoogleにはインデックスされません。