読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ホンダが国内自動車生産を調整へ!消費税増税による販売不振や、リコール対処などの問題で2割の生産台数を削減するようです。

国内ニュース 経済

http://www.flickr.com/photos/72334647@N03/15062026879

photo by driver Photographer

日経新聞の記事によると、ホンダが国内における自動車生産を2割ほど抑える方針を固めたようです(上記画像はバイクですが、生産調整するのは自動車)。

ホンダは10月から11月にかけ国内で自動車の生産調整に踏み切る。埼玉県の工場で1日の生産台数を従来計画に比べ2割ほど減らし、毎週金曜日に操業を休止する。小型車で続いたリコール(回収・無償修理)問題を受け、新型車の生産・発売を遅らせ品質確認を徹底する。消費増税後の販売低迷で増えた完成車の在庫を減らす狙いもある。2014年度の国内販売計画(約100万台)の達成は難しい情勢だ。 

円安になっても輸出は伸びない:

これを見る限り、8月中旬頃からはじまったドル円相場の円安傾向も、あまり自動車の生産台数には影響を与えないみたいですね。

円安になれば輸出が増えて自動車メーカーが儲かる…なんていうのは、もはや下記記事をみても机上論になってきているのかも。そうなると、円安になって良いことなしなんじゃないかな?と思うんですが、そのあたりはどうなんでしょうか?(個人的には資産が目減りしない円高のほうが歓迎傾向)

財務省は18日、2014年8月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。それによると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9,485億円の赤字となった。赤字は26カ月連続で、過去最長を更新した。

輸出額は前年同月比1.3%減の5兆7,060億円で、2カ月ぶりの減少。品目別では、金属加工機械が同23.3%増などとなったのに対し、有機化合物が同21.0%減、自動車が同2.9%減、鉱物性燃料が同16.2%減などとなった。

以上、ホンダが国内自動車生産を調整へ!消費税増税による販売不振や、リコール対処などの問題で2割の生産台数を削減するようです…という国内ニュースでした。

トヨタにしろ日産にしろ、まだまだ日本は自動車産業が中心の国だと言えるので、ホンダを含めた自動車メーカーにはどうにかこうにか踏ん張って欲しいものですね。

参考リンク:

日本国内の新車販売台数ランキングは下記記事にて。こう見るとホンダの影響力というのは年々、落ちてきているなーという印象がありますね。N-BOXとフィットがなくなってしまったらどうなってしまうのでしょうか?

etc.hateblo.jp