読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

ジェットスター・ジャパン決算は2013年度も大幅赤字!関西国際空港を第2の拠点空港にして経営の立て直しを図るようです。

国内ニュース 経済

http://www.flickr.com/photos/60687350@N07/9474814875

photo by Jetstar Airways

ジェットスター・ジャパンの2013年度決済が出ましたね。昨年度の巨額損失に引き続き、最終損益は111億円の赤字になったようです。

成田空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)が10日の官報で発表した平成26年6月期決算(単体)は、最終損益が111億円の赤字となり、赤字幅が前期の88億円から拡大した。営業損益は107億円の赤字(前期は90億円の赤字)だった。

もはや成田空港を拠点とするLCCは、ほぼほぼ全滅といった感じですね。

日本における元祖LCCとも言えるスカイマークも、成田空港から撤退する意向を示しているくらい…。離発着可能な時間が制限されている成田だと、航空機を出来る限り使いまわすLCCのビジネスモデルに向かないんでしょうね。

ジェットスターは関西国際空港を第二の拠点に:

http://www.flickr.com/photos/94735786@N00/4453554287

photo by David McKelvey

ジェットスター・ジャパンは今後、関西国際空港を第二の拠点空港にして、経営の立て直しを図っていく模様。こちらであれば24時間いつでも離発着が出来るので、航空便キャンセルも少なくなる…という思惑があるのでしょう。

他のLCCなどとの競合激化に加え、関西空港を第2の拠点空港とする計画や国際線への進出計画が遅れたことで、手持ちの機材を十分に活用できなかったためと説明している。売上高にあたる営業収入は前期比約2・3倍の290億円。

ただ、関空の第2拠点化が6月に始まったとして、「機材の稼働率は今後高まり、損益の改善も進むとみている。燃油や為替などに大きな変化がなければ、おおむね2年以内に黒字化の達成が可能」としている。

実際、関空を拠点にしているピーチ・アビエーション(ピーチ航空)が成功しているところを見ると、集客さえきちんとすればジェットスターの経営立て直しは可能だと思われます(今度はピーチの売上減が問題になってくるかも?)。

以上、ジェットスター・ジャパン決算は2013年度も大幅赤字!関西国際空港を第2の拠点空港にして経営の立て直しを図るようです…という国内ニュースでした。ジェットスターの航空券をとにかく安く購入したい…という方は、下記のスカイチケットで最安値検索をしてみてくださいね。

参考リンク:

日本国内のホテルをとにかく安く予約するための方法は下記記事にてどうぞ。楽天トラベルやるるぶ、一休といったホテル予約サイトの最安値がすぐにわかりますよ。

etc.hateblo.jp