読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話。長文+追記が現時点では最強です。

SEO ネット アフィリエイト

http://www.flickr.com/photos/49734147@N00/4493513795

photo by The Logo Smith

最近、検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、ただの精神鍛錬になりつつあるなーという感じがしています。

この理由は単純な話で、とにかく文字数の多い長文さえ書ければ上位表示できてしまう実情があるため。記事内容がどんなにつまらなくても、たとえ単調な説明が延々と続くだけの記事であったとしても、更には「そんな情報ほしがってる人いる?」というものが書いてあったとしても、内容に一貫性のある長文であれば検索エンジンに評価されてしまうのです。

  • 読んでいて面白い短文:検索に弱い
  • 読んでいて面白くない長文:検索に強い

長文が検索に強いという例:

良い例が下記の情報ですよね(記事中に実証実験があります)。実際にこういう思考回路&テクニックを駆使さえすれば、検索上位を占拠できてしまう状況があるのです。

それを実践した方の記事が現在だと「おすすめ 漫画」というビッグワードで5位にランクイン中。こちらは毎日のようにアクセスがあるワードだろうと思うので、Amazonの収益はそれなりに稼げているんじゃないかな?と思いますね。まさに安定収入です。

記事更新すれば検索順位は復活する:

しかしそんな長文記事ではありますが、正直、手を加えなければ検索上位を占拠できたとしても3ヶ月から半年くらいがせいぜいです。それ以降は検索順位が徐々に落ち始める傾向にあります。

これはGoogleが記事内容が新しいものを上位表示させる傾向にあるため。同じ文字数&同じ内容の記事があったとしたら、更新日時が新しいもののほうを上位検索することが多いのですね。

そのため、自分が過去に書いた長文記事の順位が落ちてきたなーと思ったら、その記事に追記を加え、更新日時を新しくすることで検索順位を「戻す」作業をするようにしてください。そんな馬鹿な…と思う方は、自分が検索上位表示をさせたい過去記事に500文字程度を追記して更新日時を新しくしてみれば、それだけで検索順位がかなりあがるのを確認できるはずです*1

  • 検索順位をあげたい記事があれば、追記を加えて更新日時を新しくする(長文を更に長文化する)。

1万文字以上の長文を書き、日々追記をする:

このように「ただ中身がその題材について書いてあるというだけの長文」を書き、日々、その記事に対して追記を繰り返していく作業をすると検索上位は意外と簡単に獲得できます。

まぁどんなに素晴らしい長文であったとしても、上位表示されるまでには記事公開から1ヶ月から1ヶ月半くらいはかかってしまうのですが、狙っているキーワードがあればこの作業を淡々と繰り返すだけで上位表示が可能。10個、20個と狙うキーワードがあるなら、毎日、この作業を精神修行のように繰り返すだけでお金を稼ぐことは可能でしょう。

だから人によっては自分で長文を書くのを諦め、ランサーズやシュフティといった外注サイトを駆使して口コミ情報を集めるわけです。500文字200円で!800文字250円で50個募集!といったようなあの依頼は、この『検索上位をするための長文を作るための作業』になりつつあるのですね。

  • 自分で文章を書く:疲れる&文字数に限界がある
  • 自分で文章を書いたものに、口コミを加える:無限大に文字数を増やせる

口コミとの組み合わせで検索上位を狙う:

良い例としては「通販サイト 大手」や「通販サイト 一覧」で検索1位のこのサイトが面白いですよ。ただのアフィリエイトリンクの一覧に見えて、実はサイト下部に口コミが隠されています。

なるほど、こうやればただのアフィリエイトリンク集でも上位表示が出来るのか…と私も度肝を抜かれました。勉強にはなりますが、個人的に実践するかどうかでいうとパスかもしれませんね。

これで良いのかGoogle神:

http://www.flickr.com/photos/62356799@N06/17050225387

photo by @sage_solar

最後に。とりあえず現時点での最強SEO対策は「とにかく長文を書き、日々、追記をしていくこと」で間違いありません。Googleとしてこの状況のままで良いと思っているわけではないと思いますが、現時点ではこれがほんと最強なので、今後も様々なキーワードにおいて無機質な長文記事が増えていくのでしょう。

私も引き続きこのやり方が使えなくなるまでは長文記事を書くことで検索上位表示を狙っていきますが、ほんと精神鍛錬のように面白くない文章を書き続けないといけないので、これが苦痛で苦痛で仕方ありません。早くこの状況をGoogleには変えて欲しいなと思います。

以上、検索エンジンで上位表示をさせるためのSEO対策が、最近ではただの精神鍛錬になりつつあるという話でした。この後、この記事の追記も書いたので、SEO対策に興味があるという方は下記記事もご覧ください。

その他のSEO記事:

その他、今回の長文&SEO対策に関して参考になる記事を並べておきます。様々な方の意見を読むことは、SEOを極める上でも重要なので是非どうぞ。

*1:Googleウェブマスターツールのfetch as googleを利用すれば、30分程度で検索順位をあげることも出来ます