読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA

話題のニュースから流行アイテムまで、今、この瞬間のSONOTAを紹介。

スカイマークが下方修正!事業だけでこれほどの赤字であれば、エアバスへの違約金を払える資本が残っているのか心配になります。

経済 経営 国内ニュース

http://www.flickr.com/photos/46799619@N04/11404530974

photo by Clément Alloing - CAphotography

日本の元祖LCCともいうべき、スカイマークの経営がかなり危ない感じになってきていますね。産経新聞によると2014年3月期の決算では最終損益が136億円の赤字になってしまうようです(前期は18億円の赤字)。

国内航空3位のスカイマークは30日、平成27年3月期通期の単独業績予想を下方修正すると発表した。最終損益は136億円の赤字(前期は18億円の赤字)と、2期連続の最終赤字となる。従来予想は3億円の黒字だった。円安による燃料費高騰や格安航空会社(LCC)との競争激化で厳しい経営が続いている。

売上高は882億円(従来予想は1044億円)、営業損益は124億円の赤字(同3億円の黒字)にそれぞれ引き下げた。

エアバスへの違約金を払えるのか?

この経営状況で、エアバスへの違約金を捻出できるのか?という点も気になりますね。営業利益がコツコツと出ている状態であれば支払いも出来るでしょうが、これではキャッシュフローも真っ赤っ赤なはずなので、心配にしかなりません…。

スカイマーク、これで大丈夫なんでしょうか?

国内航空3位のスカイマークが、欧州航空機大手のエアバスから超大型旅客機「A380」6機の売買契約解除を通告されて2カ月余り。エアバスに突きつけられた7億ドル(約760億円)の違約金の減額に向けた交渉が大詰めを迎えている。エアバスはスカイマークの経営負担に配慮し、減額に応じる方向だ。

当面の危機を脱する方向になりつつあるスカイマークだが、足元では赤字が拡大し財務体質も弱体化。自力での経営立て直しは見通せず、他社からの出資や買収に局面が移るとの観測も根強い。

どこかの航空会社グループに入るべき?:

 

http://www.flickr.com/photos/46799619@N04/11404520095

photo by Clément Alloing - CAphotography

もはやスカイマーク単独での経営立て直しは難しそうなので、JALやANAなどの国内航空会社などからの出資や買収に応じる状況になってきているように思います。

しかし、LCCをすでに持っているJALやANAがスカイマーク買収でどこまで旨味があるのか?このあたりはスカイマークの持つ羽田路線を、いかに評価するかで価値が決まってきてそうな感じ。羽田発着枠はどこの航空会社も喉から手が出るほど欲しい枠ですから、経営破綻時には狙われはするのでしょう。

以上、スカイマークが下方修正!事業だけでこれほどの赤字であれば、エアバスへの違約金を払える資本が残っているのか心配になります…という国内ニュースでした。スカイマークの航空券を安く購入したい…という方は、下記の最安値検索方法の記事もチェックしてみてくださいね。

参考リンク:

航空会社のマイルをもっと貯めたい…という方は、下記記事を参考に。マイレージとは何?という初歩の初歩から解説しています。

cards.hateblo.jp